煙突の中

煙突の中に入る事ができるのは、この装置の点検業者や、煙突掃除をする人達です。

この中は排気ガスがいっぱい漂っているので、あまり安全な環境だとは言えません。

むしろ、人間にとって危険だと言えます。

煙突の点検や掃除がスムーズにできるように、煙突の中には、高いところまで登っていけるように、梯子のようなものが取り付けられています。

点検や管理をする業者の方達は、その梯子をつたって、中の点検や掃除を行っていきます。

安全に管理ができるように、よく工夫されているので、専門業者の方も、事故を起こす事なく、定期的にメンテナンスを行う事ができるのです。

メンテナンスを行う時に好まれるのは、専用のマスクや装備をしてから行う事です。

中は普通のところよりも排気ガスがひどいので、人間の喉や器官などに影響してきてしまいます。

これは、健康上、あまり宜しくない事です。

専門業者は扱いになれていますが、もしも安全に装備しないでやると、目にすすが入ってしまったり、口の中に排気ガスが入ってしまったりします。

煙突の解体工事

注意が必要なのです。

Comments are closed.