煙突と言えばクリスマス

煙突と言えばクリスマス

煙突は、特に男の子にとって、ロマンを感じさせる装置だと言えるでしょう。

クリスマスのサンタさんと深い結びつきのある煙突なので、お伽話にも欠かせない要素と言えるかもしれませんね。

因みに、クリスマスを盛大に祝う国というのは、海外では沢山ありますが、クリスマスが盛り上がる国と言えば、特にドイツが有名です。

12月にドイツへ旅行へ行くと、クリスマスの雰囲気にたっぷりと浸る事ができます。

ドイツのクリスマスが盛り上がるわけは、「クリスマスマーケット」が出回るからです。

これは、クリスマス市とも言われるもので、特にドイツの中でも、ニュルンベルクの広場で行われるものです。

夜でもマーケットが開いえており、綺麗なクリスマスイルミネーションの中で、クリスマスのアイテムや装飾、クリスマスに因んだお菓子やお料理が市場で販売され、各国からクリスマスショッピングを楽しみに来る方が訪れます。

勿論、地元の方からも大変人気です。

ドイツへ旅行に行く時は、このクリスマスマーケットの時期に合わせて出掛けるのもおすすめなのです。

煙突のお話を楽しもう

モクモクとした煙を排出させる煙突ですが、普段、工場などに勤めていない一般の人達は、この装置にはあまり馴染みがないかもしれません。

しかし、児童小説や絵本の中では、結構これが出てくる場面が多いですし、外国映画の中でも登場してくるシーンがあります。

絵本の中で出てくる煙突は、単純に筒型の装置から、煙がモクモクと漂っている絵が主流です。

子供は絵本を通して、煙突って、こういうものなんだぁと、知識を増やす事ができますよね。

もしも絵本や物語など読む機会のない子でしたら、あまりこの装置について、イメージを膨らませる機会も少ないかもしれません。

煙突のプロ

通りがけに、工場の上についている煙突に気づけば、その存在を知る事ができますが、普段の生活で、この装置を触ったり、中の様子を見たりって、なかなかないですよね。

あまりイメージや想像のつきにくい装置ですが、映画の中や物語で登場してくれば、何と無く身近に感じられ、親しみを感じる事ができるかもしれませんね。

たまにはちょっと、この装置について学んでみるのも、新たな発見があって楽しいかもしれませんね。

Comments are closed.